噛み合わせ

ホーム  >  噛み合わせの大切さ

噛み合わせの大切さ

噛み合わせが良いと、見た目(審美)として美しいだけではなく、良く噛むことができる(機能)ため、噛み合わせは非常に大事です。

噛み合わせ治療を行えば、顎関節症のリスクも減り、歯並びが原因でしゃべりにくい方は、会話時の発音もしやすくなるなど、いいこと尽くしです。

そもそも歯というものは??

歯というものは調理にたとえると包丁とまな板です。つまり、噛んでいくうえでの道具にしかすぎません。

包丁とまな板は確かに直接素材を切断しているけれども、
それを動かしているものは人間の腕であり、筋肉です。

噛み合わせの大切さ

噛み合わせとは??

噛み合わせは歯で決定するものではありません。

周辺の筋肉や顎関節で決定するものであって、歯のあたり具合はその結果でしかありません。

どんなに立派な歯であっても、顎(歯を支える土台)を動かす筋肉(咀嚼筋、咬筋、舌、頬など)と顎関節と体全体(首、腰、足など)とのバランスが整っていないとうまく噛めません。

そこには、体の姿勢と筋肉が深く関わっています。

つまりは筋肉の調和です。

全体の体の姿勢と筋肉のバランスを見極めながら、ご本人にとって都合のいい噛み合わせを作っていきます。

噛み合わせがいくらよくても、使い方が悪いと顎関節症になってしまいます!

噛み合わせの大切さ
噛み合わせ不良の影響
歯が悪くなる原因と治療法
歯周病の怖さ
義歯
当院の治療法
〒812-0893
福岡県福岡市博多区那珂
1丁目29-21

■診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~18:30
■休診日
日曜/祝日/木曜午後/土曜午後
※木曜日・土曜日の診療は午前のみです。

▲ページの
先頭へ戻る